森川産業画像

森川産業画像

会社概要

代表コメント・方針

会社概要社長

『森川産業の社風』

当社は1945年に創業し、2020年に75年目の節目を迎えました。
「技術をひたすら追いかける」創業当時の働く人たちの思いはこの言葉だったと聞いております。
日本戦後のあるいは高度成長期のそういう時代。そこにいたメンバーというのは生きることに対しても必死でしたが、新しいものが多い時代だったので、その中には「作る喜び」や「愉しさ」がありました。
そんな創業メンバーたちの想いをベースに新しい世の中にないものを創り出すということが当社の技術の原点になっています。

『大切にしている事』

自動車部品を生産していく中で、何よりもお客さんが喜んでくれる製品を供給するということをモットーに、様々な取り組みを行なっております。
2019年には、全社的に同じ方向を共有するために改めて社内外に品質方針を宣言いたしました。
品質方針を軸に、変革する社会のなかでも常に必要とされる企業であり続ける事が重要だと考えます。

『変革期に対応する事』

最近ではやはりデジタルトランスフォーメーションが欠かせない時代となっています。
当社では、例えば重要なパラメーターをデジタル的に監視しながら、品質を確保できる条件を揃えること、そしてそれを表現できる体制づくりもスタートしております。
また、古くから「環境に配慮した事業活動を推進し環境負荷を低減する。」ことにも取り組んできました。2050年カーボンニュートラル宣言がありまして、その方向に世の中が舵を切り始めた中で、自動車産業自体がEVシフトなどの構造変換などがあり、もちろん自動車産業の中にいる当社が作る製品も大きく変わってくると思っています。『永続的地球環境の保全と環境負荷の低減』。製造業では社内外問わず、より良い品質の製品をより効率良く作れるかは必須で、更にエネルギー効率を高め生産工場として地球と共生できるカタチを見出すことが今後の大きなテーマのひとつとなります。
私は前職で環境保護設備を創る仕事に携わっておりました。当時環境事業の最先端で戦っていた経験を上手く活かしていきたいと思っています。

『展望そして挑戦』

変革の時代ですので危機感もありますが、決して悲観的ではなくていろいろなチャンスはあると思っています。自動車業界に長年関わらせて頂いておりますが、そこで培った技術や経験を使って、「作る喜び」を持って様々な製品や事業にチャレンジしてまいります。

代表取締役社長 森川 潤一

企業情報

商号 森川産業株式会社
設立年月日 1945年10月15日
本社および本社工場 〒387-0015 長野県千曲市鋳物師屋150
TEL:026-272-0640  FAX:026-272-3010
主要取引先 本田技研工業株式会社・株式会社IHIターボ・株式会社アツミテック・九州柳河精機株式会社・株式会社都筑製作所・株式会社 東芝・日立Astemo株式会社・日産トレーディング株式会社・スズキ株式会社・ハネウェルジャパン株式会社・三菱重工業株式会社・ダイハツ工業株式会社  [ 敬称略 ] 他
主要取引銀行 三井住友銀行・八十二銀行・長野銀行・長野県信用農業協同組合連合会・日本政策金融公庫・三菱東京UFJ銀行・商工組合中央金庫

沿革

1945年
森川鋳造所として創業、軽合金鋳造を開始
1946年
森川産業株式会社に改組
1949年
鋳鉄鋳造を開始すると共に、機械加工部門を創設
1952年
本田技研工業株式会社様との取引開始
1953年
長野県千曲市鋳物師屋に本社工場を開設
1957年
西ドイツからシェルモールド鋳造法の技術導入
1961年
冷凍空調用バルブ・液体ポンプの製造を開始 長野県千曲市寂蒔に千曲工場(第二工場)を開設
東京都に森川興業株式会社(現 株式会社モリカワ)設立
1963年
愛知県額田郡幸田町に幸田工場(第三工場)を開設
1969年
キューポラ操業から電気炉操業(5t炉3基、3t炉2基)へ全面切り替えを行い、地域環境改善を実施
1975年
長野県長野市松代町に松代工場を増設(工機部門・環境機器部門)
1976年
松代工場の業務拡大に伴い分社、長野県千曲市寂蒔に千曲技研工業株式会社を設立
1977年
幸田工場(第三工場)の工機部門を千曲技研工業株式会社へ合併
1979年
ディサマティック造型機(DMM Mk1 type A)を導入
1981年
自動車用エキゾーストマニホールド専用加工機を導入(素材メーカーから完成部品メーカーへの脱皮)
1985年
消失模型鋳造法(ロストフォーム)による、自動車部品量産技術を開発、ロストフォームによる自動車用ベアリングキャップの量産を開始
長野県千曲市八幡に八幡工場を開設
1989年
消失模型鋳造法の確立により日本鋳造協会『豊田賞』受賞
電子機器部門を新設 千曲技研工業株式会社および株式会社エムジーアイを合併
1994年
高周波電気炉(5t炉1基、1.5t炉1基)を増設
三菱重工業株式会社様との取引開始
1995年
ロストフォームによるベアリングハウジングの量産を開始
ディサマティック造型機をDMM Mk5 type Bに更新
1996年
石川島汎用機械様(現 IHIターボ)との取引開始、ISO-9001認証取得
1999年
プラント機器事業をエムジー環境エンジニアリング株式会社として分社
2003年
本田技研工業様より『品質部門・優良感謝賞』受賞、ISO-14001認証取得
2005年
本田技研工業様より『品質部門・優良感謝賞』再受賞
2010年
高周波誘導電気炉2基を更新
2012年
中国上海に信森鋳造科技(上海)有限公司を設立
2015年
ディサマティック造型機を231Xに更新
2019年
流体機器事業部を株式会社モリカワへ移管
2020年
IATF16949:2016認証取得

拠点・アクセス

事業内容

精密鋳造 自動車部品・産業機器部品の精密鋳造及び機械加工

森川産業画像

森川産業画像

関連会社

会社概要を印刷(pdf)